ドラえもん不適切表現事件って何?

Sponsored Link

不適切表現の内容は「一生に一度は百点を」という回のノートの中の文字【画像アリ】

ドラえもん不適切表現
Twitterより引用

 

交流回路で消費される精力
交尾回路で消費される電力の例
負荷がコンドームの時

wwwww

 

めっさしょうもねぇけどワロスww

 

実際の映像でこのノートの内容が
映るのはだいたい1秒未満です。

Sponsored Link

なので普通に見ていたらこんなの
絶対気付きません笑

 

さて、これはアニメ制作スタッフがいたずら
書きで書いた交尾という文字が不適切表現
だったのではといわれています。

 

昔のアニメはドラえもんに限らず、制作スタップの
遊び心で子供向けではないちょっとしたいたずら
書きのコマみたいなものがよくあったそうです。

 

シティーハンターなんて制作スタッフのいたずら
で当時話題になっていたオウム真理教の松本
の顔写真とかを、視聴者が気付かないコマの早さ
で入れて問題になっていましたしね笑

 

シティーハンターのはさすがに怒られるだろ、
とおもいますがドラえもんでの「交尾」程度の
いたずら書きぐらいで不適切表現とか騒ぎ立
てなくていいのにな、とはおもいます。

 

まぁでもドラえもんといえばもはや国民的
アニメでたくさんの人が見ているからやっぱ
ちょっとしたことでも苦情が入るんでしょうね。

 

ちょっと問題となった「一生に一度は百点を」が
どういう内容なのか気になったので見てみました。

 

次のページに「一生に一度は百点を」の
あらすじを載せていきます。

PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3

Sponsored Link


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す